顔トレーニングは目の下のクマの解消に効果的!

目の下のたるみを解消するには

みなさん、実年齢よりも若々しく魅られたいですよね?
では、そうするにはせるためにはどうしたら良いのでしょうか?

 

私は、目の下のたるみを解消することで若々しくすることをオススメします。

 

『老化は目の周りからやってくる』という言葉を知っていますか?

 

眼瞼(まぶた)や目の下のたるみを感じてきたら、顔のお肌がたるんできたサインです。
目元がたるんでくると、印象は実際の年齢よりも老けて見られてしますし、女性にとっては非常にもったいない。
目の下のたるみの原因を知り、現状を判断し、正しいエクササイズやスキンケア法を身につけていきましょう。

目の下がたるむ本当の原因

目の下がたるむ本当の原因をご存じでしょうか?

 

目の下にたるみがあると老けて見られてしまいます。
口元のたるみ同様、見た目の印象を決定してしまうポイントですから目の下のたるみは気を付けてケアをしていきたい部分なのです。

 

では、目の下のたるみの原因は何なのでしょうか。変化の鍵となる目の下のたるみとなる原因を見ていきましょう。日頃普通に行っていることも目の下のたるみの原因となっているのです。

加齢による目の下のたるみ

加齢ですとか紫外線により皮膚の弾力が下がることが目の下がたるむ症状の原因となります。

 

皮膚というのは、筋肉、皮下脂肪、表皮があるので維持されていますが、紫外線の影響でこれらのバランスが崩れます。

 

筋肉、皮下脂肪、表皮の中で一番多くある表皮を作っている、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどが減少してくることで、皮膚の弾力がなくなり、目の下の皮膚のハリが失われることによって、抑えきれなくなった眼窩脂肪や老廃物が突出してしまうことが目の下のたるみの原因となるのです。

 

また、目の下の皮膚が痩せることにより(皮膚痩せ)、青クマや黒クマの原因にもなるのです。

 

さらに、表情筋の衰えもたるみの原因の1つです。寝ている時間以外は重力で下に引っ張られます。その力を支えられなくなると目の下のたるむ原因となってしまうのです。

目の下のたるみを解消する方法

目の下のたるみを即効解消するにはクリニックなどで美容外科にて若返りの整形手術を受けるという方法があります。最近では男性も受ける方が増えているようです。大きく分けて、皮膚を切る手術と切らない手術がありますが、一例を挙げると、下まぶたの裏側を切開して眼窩脂肪を脱脂して除去し、リポトランスファーという術式により生着しやすくした脂肪を注射で注入し高さと頬との段差を整えるように形成して、弛んだ皮膚を治療することによってハリを取り戻すということもできるのす。

 

ダウンタイムについても、ほとんどない術式から1ヶ月程度で手術痕もわからなくなるようなものまでありますので、ご自身の目元の状態をしっかり診察してもらい、手術方法の説明や症例実績で仕上がりを確認した上で納得いく治療法を選ぶことが大切です。

 

しかし、美容整形に対する不安などで抵抗があるのでしたら、エステティックサロンのフェイシャル施術という方法もあります。また、金銭面の負担をかけたくないのであれば、自分でできるスキンケアやエクササイズ、あるいはツボなどのマッサージで少しずつ改善していく方法もあります。

目の下のたるみを解消するエクササイズ

目の下のたるみを含めたるみを劇的に改善するには顔面体操がとても効果的です。

 

ほうっておけば下がる一方、老けるに任せるだけの顔の劣化を食い止め、自力で引き上げる体操です。
実践すれば、目の下だけではなく、若々しい顔が一生にわたって続くことも夢ではありませんよ!

 

*目の上のまぶたのたるみを速攻で解消するには、リッドキララがおすすめです。